トップへ戻る

看護師の再就職でまずすること

看護師15年目のみさきです。

看護師就職選び方

 

これまでに、スキルアップやもっと視野を広げたくて、
何度か、看護師の転職を経験してきました!

 

今では、病院勤務の他にも、病院以外での看護師業務の
経験がたくさんあります。

 

私の経験や同僚の再就職経験者からの情報をまとめています。
看護師の再就職をする際の参考にしてくださいね^^

 

看護師転職求人サイトおすすめランキング

看護師再就職

 

看護師の再就職のためには、求人を探す必要がありますよね。
その際、一番求人数が多いのは、やはり看護師転職求人サイトです。

 

ハローワークや求人雑誌もありますが、
私は、看護師転職求人サイトをおすすめします。

 

看護師転職求人サイトはたくさんありますので、
どこがいいのか悩みますよね。

 

その中でも、実績があり、多くの看護師が利用している
看護師転職求人サイトをランキングにしてみました!

 

もちろん私も登録経験ありです^^

 

求人情報は業界最大級で、非公開求人も多い「マイナビ看護師」選任のキャリアコンサルタントが転職をバックアップしてくれます

全国10万人が利用する、看護師さんの気持ちを最大限に尊重した心ある転職サポートをしてくれます

選任コンサルタントが一貫サポート/国内最大級の求人数最大5万円の「転職支援金」

ナース人材バンク



年間利用者数は10万人超える、国内最大級の看護師さん転職支援サービスです

ナースフル


リクルートが運営!高給与、好条件の病院常勤求人が豊富です

 

多くの人が、2〜3ヶ所の看護師転職求人サイトに登録します。
それは、より良い条件の求人を比較検討できるからです。

 

同じ条件を示しても、サイトによって紹介されたり、検索の結果が違ってきます。
そうすると、より多くの求人に出会うことができますよね!

 

ここで、注意ですが、看護師転職求人サイトへの登録が多すぎると、
頭の中がぐちゃぐちゃになって、整理がつかず求人を絞れなくなりますので、
やはり、2〜3ヶ所くらいがベストかなと思います。

 

これは、今話題になりつつある、看護師転職求人サイトなんですが、
もし、どうしてもサイトに登録してるのになかなか決まらないと
悩んでいる人には、おすすめです→ナースコンシェルジュ

 

再就職に不安なブランクありの看護師が就職するならどこがいい?

 

現在、看護師として働いている人は約154万人いますが、
資格があっても看護師として働いていない人は約70万人いるとされています。

 

「潜在看護師」と言われていますが、産休や育児の仕事と家庭の両立や、
肉体的精神的に辛くなってしまって辞める人など様々な要因があるようですね。

 

また、看護師としてのブランクが空いてしまった場合、
再就職するためには働く側も雇用する側もどちらにとっても
不安材料となってしまうことが、復職が進まない原因ともされているようです。

 

ブランクありでも再就職しやすいところはあるのか?

看護師再就職

 

ブランク1年〜3年 年齢が30代と若めの場合

 

どこも看護師不足であるため、ブランクありでも
まだまだ病棟への復帰は可能です。

 

まずは、地域の復職支援をしっかり受け、
総合病院などであれば、病院独自に復職支援を
行ったりしているところもあるので上手く活用しましょう。

 

病棟での勤務ではなく、クリニックやその他での復職希望の場合でも、
復職支援を受ければ比較的スムーズに入職出来ますし、
ブランクOKとしているところも多いです。

 

ブランク3年〜10年以上 年齢が40代以上の場合

 

ブランクの期間が長いこと、体力的な問題も含め、
今まで何年働いていようが、復職する段階では
新人に近い扱いになることが多いと思います。

 

また、比較的ハードな病棟での復職には、
復職準備の期間をしっかりととり、
研修やサポート体制が整っていないと難しいかもしれません。

 

看護師としての感覚が戻ってくることにも時間がかかりますが、
3年以上現場にいない場合、どんどん医療技術は進歩しているため、
いつまでも古いやり方は通用しません。

 

それらに適応する覚悟と能力が必要になってきます。

 

看護技術の不安があれば、クリニックや老人ホームなどでも
看護師が複数いるところで、サポート体制が
しっかりしているかを確認しましょう。

 

看護師の再就職支援や研修はどこで受けられる?

 

日本では2025年問題に向けた課題に取りかかっています。

 

75歳以上の後期高齢者がピークに増加し、病院や介護施設などで
深刻な人員不足が予想されるため、行政でもさらに潜在看護師の復職支援に
力を入れるようになりました。

 

看護師等人材確保促進法とは

 

都道府県にあるナースセンターを中心に
復職に関する情報や相談などが行えます。

 

また、看護師として情報を届出することで、
ナースセンターが把握できるので、
復職を考える前から総合的に支援できるという仕組みです。

 

復職支援は様々なところで行われている

 

ナースセンターの他にも
・看護協会
・看護師求人サイト
・総合病院
などでも復職支援に関する研修を積極的に行っています。

 

新人の頃の病院オリエンテーションのように座学だけではなく、
採血や点滴などの実技研修も含まれており、実際に自分がどこまで出来て、
どこから出来ないかの知識・技術レベルがわかりやすくなります。

 

また、復職先の病院のプログラムと組み合わせることで、
より細かいサポートが受けられ、自信にも繋がりますし、安心できます。

 

看護師としてまた働きたいけれど、迷っている人や不安が強い人は、
まずこれらの復職支援を受けるところから始めてみましょう。

 

看護師の再就職の履歴書で、志望動機ってどう書けばいい?

 

復職する際にまず悩むのが、履歴書ですね。
履歴書の経歴は基本的に嘘偽りなく、
たとえブランクが長くても正しく記載しましょう。

 

志望動機の書き方

 

看護師となった理由を書く

 

例)幼いときに入院した経験があったことから・・・
  手に職を持って、生涯働きたい気持ちから・・・など。

 

看護師として働いてきた分野やそこで得た経験などを書く

 

例)小児科では、子どものケアだけではなく、その家族のケアを通して、
  子どもの成長発達に寄り添うことに看護師としてのやりがいを感じました・・・など。

 

復職を決めた理由を書く(ブランク期間の経験を強みにする)

 

例)育児のために看護師の仕事から離れていましたが、子どもが大きくなり、
  今一度自分の仕事について考え始めたことがきっかけです・・・

 

  病院の仕事から離れて、初めて看護師としてのやりがいを感じるようになり、
  またきちんと働きたいという強い気持ちが芽生えました・・・など。

 

今後どういったことを頑張りたいか書く

 

例)復職支援が充実しているため、
  しっかりと自分の知識や技術を確認してから働きたい・・・

 

  看護師として一から学び直し、地域医療に携われる看護師になりたい・・・など。

 

※特にBCの部分は面接でも絶対に質問されるところなので、
細かく書くようにしましょう。

 

看護師の再就職での面接のポイントは?

 

履歴書とポイントは重なりますが、面接でも嘘偽りなく、
きちんと話すことが重要です。

 

なぜ看護師を辞めてしまったのか

 

看護師の仕事離れてしまった理由は、必ず聞かれます。
たとえ、人間関係に悩んで、疲れてしまったなどとしても
正直に話すようにしましょう。

 

そして、それらの経験から次はこういうことに気をつけたい、
努力したいということを付け加えることで、
看護師としての前向きな気持ちが伝わります。

 

就職先でどのようなことを頑張りたいか

 

志望動機の部分に書いてあることを、
自分の経験などに沿って説明できると、
より説得力が生まれます。

 

例)子育てのため看護師の仕事から離れていましたが、自身の子育て経験を生かして、
  小児科に入院する子どもやその家族の気持ちに寄り添う看護がしたいです・・・など。

 

また、自分が実際に働く場合にどのようにブランクを埋めるかのプラン
(〇〇の復職研修を受けて・・・など)を説明することで、より意気込みが伝わります。

 

ブランクがある場合の面接で質問されるのは、

 

・なぜ看護師を辞めたか
・ブランク期間中のこと
・今後どうしたいか

 

ということです。

 

とくにブランク期間中であっても、看護師に関係する経験や気持ちの変化は、
強みとして前向きに伝えられるといいでしょう。

 

看護師の再就職手当はハローワーク以外からの就職でももらえる?

看護師再就職

 

再就職手当てとは、失業保険の給付日数がある程度残っている段階で
就職することで、就職手当てとして前倒しでもらえる制度です。

 

しかし、次の就職日の前日まで失業認定があることが大前提なので、
看護師のように求人がたくさんある職種は少し難しいかもしれません。
(本気を出せばすぐに内定がもらえるので)

 

また、次の就職先で1年以上勤務すること、
失業給付金の支給残数が3分の1以上残っていること
などの条件が必要になってきます。

 

これは厚生労働省が認めている看護師求人サイトを通してであれば、
受給することができます。

 

一応、厚生労働省が認めている看護師求人サイトを紹介しますね。

 

ナースではたらこ
ナース人材バンク
マイナビ看護師
看護のお仕事
MCナースネット

 

お祝い金という制度

 

ハローワークや大手の看護師求人サイトでの再就職手当てには
かなり細かい条件があるため、申請は難しくなります。

 

しかし、看護師求人サイトや総合病院のホームページなどに記載されている
「入職お祝い金」というものは、入職してから3ヶ月〜半年でもらえるので申請も簡単です。

 

看護師求人サイトではそれぞれ設定している金額が違いますが、
3万円〜十数万円としているところが多いようです。

 

また、直接病院との交渉で入職した場合には、
さらにお祝い金がもらえる可能性があります。

 

知人などが働いていて、病院の情報に詳しい場合などは、
圧倒的に直接交渉してお祝い金を貰ったほうがお得です。

 

再就職する際にはお得にもらえるお金があるので、
きちんと下調べして就職活動を行うようにしましょうね。

 

みなさんの看護師の再就職がうまくいくことを願っています^^

 

ブランクからの再就職体験談

 

新卒で総合病院に就職して、混合外科病棟に配属されました。

 

とても忙しい中、看護師の基礎を学び、看護スキルを
身につけることができました。

 

5年目で、結婚退職をし、その後子どもが生まれ、
5年間専業主婦をしていました。

 

子どもが大きくなってきて、社会復帰を考えだしました。
育児との両立を考えた時、以前のような病棟勤務では、
きっと仕事におわれ、自分のことで精一杯だなと思っていました。

 

なので、看護師という選択肢はなしで、
子どもが保育園に行っている間の9時〜17時ぐらいで
気楽に働ければと思って、求人雑誌をながめていました。

 

だけど、なぜか目に留まるのは、看護師の求人なんですね。

 

その時、やっぱり私は、看護師なんだなと思いました。

 

そこで、早速、看護師求人サイトに登録しました。

 

自分の希望を選択して検索すると、
病院も出てきましたが、病院以外の場所もたくさんありました。

 

その時に、看護師の働く場所は病院だけではなかったことを
改めて実感しました。

 

私は、ブランクが5年ほどあったので、
病院やクリニックに復帰となると、看護師の復職研修を受けなければ、
復帰は難しいなとも思っていました。

 

正直、そこまでしてというか、病院にこだわっていたわけでもなかったので、
注射などの技術が必要のない、デイサービスに就職を決めました。

 

デイサービスでは、来所者の来所時に血圧、体温、脈拍の測定や
内服の管理、入浴時の健康チェック、外出の同行、
食事介助などが主な仕事でした。

 

デイサービスは送迎時間が決まっているので、残業はなく、
きちんと定時に退社できるので、育児や家庭との両立も
問題なくできています。

 

病院勤務とは、全く違う環境ですが、
ここにも、看護師を必要としてくれる場所があり、
「看護師さん、看護師さん」と声をかけられ、
私を必要として下さる方々がおられ、毎日楽しく充実した日々を送っています。

 

 

求人情報は業界最大級で、非公開求人も多い「マイナビ看護師」選任のキャリアコンサルタントが転職をバックアップしてくれます

全国10万人が利用する、看護師さんの気持ちを最大限に尊重した心ある転職サポートをしてくれます

選任コンサルタントが一貫サポート/国内最大級の求人数最大5万円の「転職支援金」

ナース人材バンク



年間利用者数は10万人超える、国内最大級の看護師さん転職支援サービスです

ナースフル


リクルートが運営!高給与、好条件の病院常勤求人が豊富です